2016第53回愛知杯(G3)を占いで予想します!


2016年1月16日、中京競馬場で開催される「第53回愛知杯(G3)」で3着以内に入りそうな馬をアストロダイスという占いで予想していきます。

どんなレースになりそうか

7室、水瓶座、天王星

出ました鬼門の水瓶座(*_*)
水瓶座と天王星ということで、何かビックリするような展開がありそうなレースです。騎手の力技で人気薄の馬が目立ったり、ハラハラさせられたりするかも。なので、本命馬に絞らず手広く考えたほうがいいかもしれないっすね。

どんな馬が勝ちそう?

6室、射手座、冥王星

6室ということで、なんというかキッチリ自分の仕事をこなすようなイメージです。そこに冥王星と射手座の組合せ。先行馬が逃げ切るというよりも、馬群の中頃につけていた馬が、最終的に足を使って僅差で勝つとか、そんなイメージです。

レース展開の予想と合わせると、人気馬がそのまま勝つというよりも、ちょっと穴が出そうな雰囲気すらあります。

各馬の出目

0115a

2000mという距離ということも考慮したい。統計ページにはまだデータ不足の面が気になって掲載していないのですが、2000mの中距離レースでは柔軟宮・水属性・土属性が強いというデータがちょっとあります。

その条件に合致するのが、

  • 2番ハピネスダンサー(12室、乙女座、木星)
  • 6番グレイスフラワー(7室、魚座、水星)

その他、出目が良さそうに見えるのは、

  • 1番リメインサイレント(9室、双子座、土星)
    土星が双子座のとっちらかった印象を抑え、先行馬群(9室)に残りそう
  • 11番マキシムドパリ(12室、牡羊座、火星)
    12室(隠れた場所)と牡羊座(火属性・活動宮)と火星(闘争心)で、差し馬として最後に伸びてきそう
  • 17番タガノエトワール(12室、山羊座、木星)
    木星はあまり実績がないのですが、12室と山羊座の組合せに木星ということで、作戦や位置取り(山羊座)がうまくいきそう(木星)と読んでみる。

敢えて印を付けるなら表の通りで、6番グレイスフラワーは、魚座と7室ってことで良さそうではあるのですが、水星が気になるんよね。騎手の乗り替わりがなければ、もうちょっと強い印象なんですが…。7室と水星の組合せで、騎手と馬の信頼関係が左右しそうなので…。

18頭立てということで、ホントなら3連複でガチッと的中させると素敵な感じになるんでしょーけれど、残念ながら当ブログでは3連複で的中させた経験が乏しいですから(汗;やっぱりワイドでBOXですかね。

えまのん / 2016年1月15日 / 中京競馬場, 占い・ダイス, G3