2016 第53回愛知杯(G3)の振り返り


アイター((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

惨敗ですな。選んだ馬が1頭しか5着以内に入らないという……。イミナイヨー。
と、いうわけで愛知杯の結果と振り返りです。

選んだ馬の順位

  • ◎2番ハピネスダンサー→13着
  • ◯11番マキシムドパリ→4着
  • ▲17番タガノエトワール→17着
  • △6番グレイスフラワー→10着
  • ☆1番リメインサイレント→7着

今回は出目でレースを読みとく、よりも、3着以内で出現頻度の高い出目を重視した読み方で絞ったため、不甲斐ない結果に終わったように思います。データもまだ少ないわけですし、確かに傾向があるのは確かなのですが、過信は禁物と水をかけられたような気持ちです。

1着の4番バウンスシャッセは「5室、獅子座、天王星」。革命の天王星と、力強い獅子座、それが無邪気さと創造性の5室に入った出目ということで、穴馬としての材料は揃っているように思います。2着の15番リーサルウエポンも獅子座と水星。この組合せも珍しい感じなんですよねー。

個人的にはハピネスダンサーが活躍してくれなくて大変残念ですが、人気薄だった6番グレイスフラワーが、出目からの読み通りの走りをしてくれたので嬉しかったですし、1番のリメインサイレントも然り。

それにしても、レース展開や勝ち馬をアストロダイスで占う時、天王星や冥王星が出てくると人気薄の馬が台頭するケースが多いような印象が、やっぱり強くなってきました。

まずまず、明日のG2、G3は頑張りたいですね!

ちなみに統計ページはコチラ

えまのん / 2016年1月16日 / 中京競馬場, G3, 検証・振り返り・反省