2016年「きさらぎ賞」と「東京新聞杯」、またもワイドなら的中!


そんな時ほど何故か三連複と馬連で軸を決めて買ってしまっているんですけどねー!個人的な収支としては残念無念ですが、今週は予想した4レース全てで予想した馬が3着以内に2頭入るという好成績。やっほい!

これで、なんと42%ほどの確率でワイド馬券なら当たってる!ということに。

というわけで、きさらぎ賞と東京新聞杯の結果です。

きさらぎ賞(京都競馬場・1800m・芝・9頭)

  1. 9番サトノダイヤモンド
  2. 2番レプランシュ
  3. 3番ロイカバード
  4. 8番ノガロ
  5. 5番オンザロックス

掲示板入りした5頭中4頭が印をつけた馬でした。このレースは、活動宮のサインが入った馬を中心に絞りました。2番レプランシュは、蠍座が入っていましたが、惑星が月、ハウスが11と悪くない組合せでしたね。。。きっと馬が気分よく走ってくれたのでしょう。

ワイドで120円。

東京新聞杯(東京競馬場・1600m・芝・14頭)

  1. 6番スマートレイアー
  2. 3番エキストラエンド
  3. 10番マイネルアウラート
  4. 2番ダノンプラチナ
  5. 14番テイエムタイホー

こちらも、掲示板入りした5頭のうち4頭が印をつけた馬。出目的には6番スマートレイヤーは、1室・山羊座・ノースノードということで、上手く作戦勝ちできたのでは?と。そして、3番エキストラエンドは、7室なので騎手次第で蠍座・土星(馬の集中力をコントロールして強化って印象)。岩田騎手の乗り方が馬にハマったんじゃないかと。

マイネルアウラートに関しては、1室牡牛座金星。長距離だったら印つけてたかなーという出目ですが、優美でキレイな印象。

▲をつけた11番ダッシングブレイズ。騎手(仕事のパートナー)を表す7室に獅子座と太陽。最内を狙った際どい競馬…うまくいく可能性も高かったが、狙いすぎでしたね、たぶん。落馬の様子がかなり痛そうで…

しばらく戦線離脱でしょうか・・・後遺症が残らず復帰できると良いですね。

東京新聞杯は、馬連4690円、馬単9880円、ワイド1470円の配当でした。三連複で買って総ハズシでしたけど、私(;´Д`)。