札幌記念(G2)回顧


お約束の…

とりあえず横に置いといた候補馬が勝つ

…というね。

レースの展開予想で目的に、やっぱり逃げる展開というか、そんな雰囲気、ネオリアリズムの出目も逃げる時に出てくることが多い水星と風のサインの組合せでな(´・ω・`)

ある程度ポーンと先頭に踊り出るかな?とは思っていたんですが、そのまま逃げ切るとはねえ。ルメール騎手の運気も今日はそんなに悪くないしね。勝つべくして勝ったという印象ですね。占い的には。

◎印の2番レインボーラインは、作戦勝ちですね。よく内枠から外枠のモーリスの横に控えに行ったって感じです。2頭並んでいるのを見た瞬間、福永Jはモレイラが出た瞬間に一緒に出て行くつもりなんだなーと。

ただ、そういうのではなく、普通に内枠でじっくり足を溜めていたら3着ではなく2着、1着あったかもと思う。コーナリングが下手な馬だという話もあるし、あえての外枠大回りを選んだとしたら、今後楽しみデスね。

モーリスは、ダイスの出目的には問題なさそうでしたが、2000mで勝ってないという部分からちょっと心配でした。確かに圧倒的強さという印象の競馬ではなかったように見えたのですが、十分戦えるようにも見えましたね。鞍上がモレイラ騎手から変わったらどうなるか謎ですが。

3番ハギノハイブリッドはなんなん?笑
好走できる要素は結構あったはずなのに、後ろからの競馬。たぶん、前目の競馬してたらいいことあったのになあ。と言うか、出目的には馬は前にいきたがっていたのではと邪推。菱田騎手は嫌いじゃないですが、たまに謎の騎乗をする印象。ちょこっとホロスコープなんぞを見てみると、あんまり勝負師向きの星の組み合わせじゃないかな。ただとってもいい人で、コツコツバランスよく馬に乗り続けていくでしょうし、社交力がありますから、G1などの重賞どころで活躍するジョッキーというよりも、平場でコツコツ勝ち星を積み上げるタイプかなあと。算命学で見るとガツッと攻めるタイプということなので、性質的には激しさと受けな部分を両極端持っているケースと思われます。どっちかに振りきれるととっても結果を出せると思いますので、自分の中の2面性をうまく利用できると一皮向けるんじゃないですかね。

 

えまのん / 2016年8月21日 / 札幌競馬場, G2, 検証・振り返り・反省