2015年チャレンジCの結果を振り返る


さーて、先週の予想についての検証です。まずは、12月12日に阪神競馬場で開催された「チャレンジカップ(G3)」から。

占いで予想した馬たちの結果

◎14番ワールドエース→4着
◯18番メイショウナルト→18着
▲12番メイショウウズシオ→15着
▲2番タガノエトワール→5着
△7番シベリアンスパーブ→3着
△9番シャトーブランシュ→16着
☆3番マイネルミラノ→8着
☆16番マコトブリジャール→12着

惨敗です…(涙)

レース展開の予想どおり横一線な印象の競馬でしたが、8頭もリストアップしておいて連対したのが1頭、掲示板入りしたのが3頭とは悲しみ以外に感じるものはありませんな…。

どんな馬が勝ちそうか?とダイスを振った時に出てきた、

8室、乙女座、冥王星

実力なりというか、そんな印象の出目ですね。奇想天外な結果は想像しづらい8室と乙女座にもっと注目するべきだったのかもしれません。

3着以内に入った馬の出目

11番フルーキー
2室、射手座、土星
→先行したいのに先行できない。

結果:確かに先行するには他の馬に阻まれる展開が最終コーナーまで続きましたが…M.デムーロ騎手と力のあるフルーキーにはそこを割って出て行く強さがあったのでした。(無理しすぎて過怠金となったようですが)

10番ヒストリカル
6番、天秤座、土星
→スピードを抑えた走りをしそう。騎手と信頼関係があれば上手く走りそう。

結果:ずーっと抑えていて、最後にスーッと前へ出て行く姿が印象的。

7番シベリアンスパーブ
12室、牡牛座、金星
→穴、かも。意外に良い場所に付けて直線活かせれば。

結果:人気薄だったわりに、最後の特選から10番ヒストリカルについてスーッと足を使って上がってこれたところから、読みは当たったと言えますね。

まとめと反省

ぼちぼち、近づいてきたような気がします。「その馬がどんな競馬をするのか?」というのをより的確に読めるようになれば、本命馬をしっかり作ることもできるでしょうし、穴馬として絞ることもできるようになるはずです。

とはいえ「どんな競馬をするのか」を読むだけでは、読み方としては不十分で実際、一着のフルーキーや二着のヒストリカルは消していましたからね…。もう少しデータを集めつつ経験を積まなくてはなりません。

レースの結果は「netkeiba」さんの「12月12日阪神11Rチャレンジカップの結果ページへ

えまのん / 2015年12月14日 / G3, 検証・振り返り・反省