朝日杯フューチュリティステークス2015の振り返り


結果……

惨敗ッッッ!!

ぐぅ・・・ザンネン。

◎6番ユウチェンジ→4着
◯2番ショウナンライズ→14着
▲3番アドマイヤモラール→8着
△7番イモータル→9着

☆11番エアスピネル→2着

今回のアストロダイスの各馬の出目、どの馬も非常に読みづらい感じではありました。そんな中での、レースを象徴する出目の「10室・乙女座・天王星」。革命的が起こる、ただしそんなに大きなものではない(乙女座的)。それをまさに、15番リオンディーズがやっちゃってくれましたね。

15番リオンディーズ(8室、蟹座、天王星)

もちろん、人気馬の1頭でしたからおかしな話ではないのですが、今回はエアスピネルの人気が高すぎましたからね…。エアスピネルを抑えて差をつけての1着。十分革命的、新たな伝説と言えるのではないでしょうか。

個人的には、蟹座と8室の組合せがなんとなく1着を取るような雰囲気ではなく気に入らなかったので、選ばなかったんですけどね。

そして、13番シャドウアプローチ。出目的には、5室・射手座・月と。明るいイメージのする出目でありましたが、スパーッと走ってくれるのかなという印象でした。たいてい長距離のレースだとスタミナ切れで下がっていくような印象の出目ですが、1600mという距離が功を奏したのかもしれません。

難しいナァ!おぃ!

しかしながら、本命として推していた6番ユウチェンジが10番人気という人気薄のところから4着、なんならもう少しで連対というところまで伸びてきてくれたのは私にとって明るいニュースです。

前回のジュベナイルフィリーズでも、本命に推した馬が人気薄でも2着に付いてくれたという実績(苦笑)もあることですし、あながちアストロダイスで競馬を予想するというのも悪くないかもしれません。

とはいえ、やはり競馬は投票する以上勝ちたいというか、当てたいわけで。まだまだデータ収集の旅は続くのですナ。

今回はちょっと予想が難しいというか、決め手に欠ける感じでしたから、ワイドで勝っていたんです。ああユウチェンジ、ユウチェンジ。君の鼻がもう少し長ければ……。

 

それにしても、レースの性質と出目との関連、そして騎手と馬の占星術的相性など・・・アレコレ検証しなきゃいけんことが山盛りでございますな。。。

当面の間は、アストロダイスの結果で推し馬を絞って、人気が高い馬と組み合わせて購入するってのが一番カタイかもしれません(´・ω・`)

えまのん / 2015年12月21日 / 阪神競馬場, G1, 検証・振り返り・反省