ルメールはやる気がないし、武豊が騎乗停止と散々な土日。私の馬券も桜散る。


繁忙期が終わりたてで、すっかり力尽きている占い師です。サイコロを振る気力さえありませんでしたが、体に鞭打って競馬場という名のウインズに繰り出した土曜日はルメールを信じて大爆死。

半泣きになりながら丸山元気ちゃんを信じて挑んだ日曜日も大爆死。

北海道の桜はそろそろ開花ですが、私の馬券はそれ以前に儚くも散ってしまった感満載です。

さて、土日と言えば武豊。豊さん、騎乗停止で天皇賞のクリンチャー乗れないってよ(T_T)と、こうして考えてみると、午未天中殺の私・ルメール・武豊・柴田義臣のそれぞれがものすごく対象的な感じだったので、簡単に解説してみます。

占い師は日々勉強中というか、ケーススタディを重ねてベースにある理屈をさらに自分なりに解釈して、ものにしていく一面があるわけですけどね。ええ、運気読みで一番効くのが算命学という占術の天中殺関連のような気がしているのです。

天中殺ってのは、なんかしらんけど運に恵まれない。鉄板でしょう~ということが裏目っていうんですかね。その日天中殺にあるジョッキーが例えば、1倍台の人気馬に乗っていると飛ばしてしまう場合が多かったり、逆に人気のない馬で思い切った騎乗が功を奏して大穴を開けてしまったりすることが多い印象です。

まあ、占いなので飽くまで「~という傾向があるようだ」という前提ですけどね。

思いもよらない不運というかね、ふつーそんなこたあないだろう!という事が起きたりしやすい。で、だ。

土曜日は午未天中殺日で、日曜日は申酉天中殺日だったわけで、日曜日は運気も回復するでしょうよ…と思いがちなのですが、運気ってもんは、どうやらそんなにデジタルにゼロイチで切り替わるものではないらしく、じわっとあがったりじわっとさがったり…というイメージ。

自分なりに自分の運気でざっくりと検証してみると、どうも午未天中殺グループってのは、天中殺日の前日に「まさかよ!?」という運の悪さにあたり、ツキのない2日間を過ごし、翌日もその天中殺的な運の無さに引っ張られながら、じーわじーわ運気が回復していくようなイメージ。

週末はたまたまわかりやすく3人の午未天中殺ジョッキーが対象的な結果を出していたので、月曜日ですけどブログを書いてみる気になったのでした。ようやく体調が回復してきたというのもありますが笑

クリストフ・ルメール(時差関係を日本に直して計算)騎手は、土曜日に人気馬を飛ばす飛ばす…豊騎手がいないと勝てないんじゃないの?と揶揄されるくらいの飛ばしっぷりでしたね。まあ、天中殺だし、オッズを背負うと展開が向きづらい。

武豊騎手は、日曜日は天中殺抜け直後でしたけど、ちょうど天中殺時に斜行で騎乗停止4日間をくらいつつ、1Rでも競走中止になってますね。なんとなく、天中殺を引きずっている感。

柴田義臣騎手。なんなんすか!日曜日のG2で13番人気?を2着って…アータさえ4着だったら私の馬券は当たっていたのに…。天中殺から引きずった運気を逆手に取った騎乗だと言えちゃうのかな、これ。

ワタシ。土曜も日曜も「こりゃねーよ!」ですよ!軸にした馬だけこないというね。切った馬が好走しちゃうみたいなね。

みんな天中殺のせいですね(白目)

ボヤキはともかく、騎手の中には午未天中殺(馬と羊が欠)の人が多いのが不思議ですね。自然な流れで、足らないものを補おうという動きになっているのでしょうか?

その日のジョッキーがどういう運気にあるのか?馬券選びの一助としてみたり、または今日は自分に運気がないからケンだ!というストッパーとしてご利用いただければと思います……

えまのん / 2018年4月23日 / 検証・振り返り・反省, 競馬日記