今年最後!東京大賞典を占ってみた結果♪


有馬記念の失敗にもめげず、

いや、無駄なあがきともいうのか、それともいわゆる未練打ちという性質のものなのか…

12月29日に大井競馬場で開催される「東京大賞典」G1ですね。こちらのレースをアストロダイスで占ってみました。

どんなレース?

11室、牡羊座、海王星

なんだか、ながーい馬群のレースになりそうですし、牡羊座と海王星の組合せで、なんかふわっとしたレースになりそうな印象です。先頭集団の中で抜きつ抜かれつ抜きつ抜かれつ的な曖昧さ。

どんな馬が勝つ?

7室、双子座、太陽

コンビの息があった様子を公衆の面前に晒す、って感じ。騎手と馬のコンビネーションが正しい形で公になるというか、目立つって感じです。そういうわけで、騎手が乗り代わってる馬はなんとなく除外したいところ。

各馬の出目

151229

今回はJRA所属の馬がワンサカ出走し、JRAの騎手も騎乗するということで。緑いっぽい文字色になっている馬がJRAな馬たち。

で、前項で「騎手乗り替わりはダメそう」ってことで、外したのが、馬番に下線が引いてある8番、10番、12番。

出目と前項の条件から絞った5頭は・・・

◎11番コパノリッキー(6室、牡牛座、サウスノード)
仕事しまっせー!なハウス6室と、才能やカルマ、過去の経験の影響を示すサウスノード、じっくり間違いのない走りをしそうな牡牛座。スピードとペースに乗れればかなり良い競馬をしてくれる、はず。

◯5番サウンドトゥルー(8室、牡羊座、金星)
受け継いだ才能を活かしてスピード勝負をして目立ってくれそうなのがサウンドトゥルー。スパーッと走ってくれれば。

▲4番ワンダーアキュート(7室、射手座、金星)
柔軟宮の射手座、そして美と優雅さを現す金星、和田ジョッキーとのコンビネーション。良いと思います。

△13番ホッコータルマエ(9室、蟹座、月)
馬群(9室)の中でヤル気を出して(月)しっかり走ってくれそう(蟹座)な印象。

地方所属の馬に印が付けられなかったのは、出目的にあんまり惹かれる馬がいなかったからなのですが、その中でもしっかり先頭馬群について来れそうな印象がある6番ハッピースプリント(9室、山羊座、木星)をとりあえず穴馬として。あと、気になるのは、冥王星が入ってる7番サミットストーン。組み合わせ的には蠍座と1室なので、うーんどうだろう?一か八かだよなって印象です。それから、天王星が入ってる14番タッチデュール

持ち時計何かを比較するとどうしてもJRA所属の馬と騎手に人気が集まってしまい、馬券としてはあんまり面白くなさそうな感じになっちゃいます。アストロダイスを振ってみても、惹かれるで目が出てるのはJRA所属馬だったりしますしね…。

ということで、予想印通りに購入しつつ、地方馬を絡めるなら6番、7番、14番かなあ・・・って感じになります。

ちなみに、東京大賞典の出馬表は楽天競馬が便利です。

えまのん / 2015年12月28日 / 占い・ダイス, その他レース
タグ: