クラスターカップ雑感@盛岡競馬場


藤田菜七子騎手、クラスターカップで重賞初制覇か!?というところだったんだけど、残念ながら結果は3着。
JRAに一人しかいない女性騎手なもんだから、勝っても負けてもガチャガチャバアバア言われて見るに堪えないんやけど、クラスターカップについては騎乗は悪くないようにみえた。
 

4角で挟まれたのがウンノツキ

コパノキッキングさんと菜七子Jにとって不運だったのは、4コーナーで武豊Jのヒロシゲゴールドさんと岩田Jのヤマニンアンプリメさんに挟まれたことか。
 
武さんは武さんなので←
絶妙なコーナーワークでコパノキッキングがまくれないように外に張りながらちょっとペースを上げていたように見えた。その瞬間に後ろからヤマニンアンプリメさんがかっ飛んできた体で2頭に挟まれて、もともと馬を周りに置くのが苦手と言われていたコパノキッキングが怯んだようにみえた。
 
あくまでモニタのこっち側で見てた印象だけど。
 

ハナを主張していたら良かったのか?

ポンとスタート出て、ヒロシゲゴールドと競る形になったけど、あそこで行ききるか番手で追走するかというのは大きな分岐点だったと思うが、結果論でしか無い。菜七子J的にはコパノキッキングでは大外からのまくりの競馬しかしていないので、逃げて押し切る競馬に確信が持てなかったのかもしれない。逆に言えば、コパノキッキングのちからであれば、番手で追走していても、最後に抜け出せると踏んだのかもしれない。
 
ロマン派としては、イギリス招待レースからとんぼ返りして盛岡でコパさんの言うように重賞制覇をするのがストーリー的には◎だけども、「菜七子に重賞を勝たせるために今年は乗せ続ける」と宣言されるのもプレッシャーやんな。もちろん、そういうプレッシャーも「学び」ということで、あえてコパさんはやってる部分もあるだろうけど。
 

ギャンブル的な意味でコパノキッキングは信頼に足る軸馬だったのか?

そもそも論として、今回のクラスターカップで馬券で勝つことを考えた時に、コパノキッキングはそこまでテッパンの1番人気か?と考えると、頭としては信頼できない要素がたくさんあったように思う。
 
そりゃあ、G1にも挑戦しているコパノキッキングだが、、、クラスターカップはヒロシゲゴールドやヤマニンアンプリメをはじめ、ブルドックボス、ショコラブラン、アシャカダイキ……名のある馬も多かった。地力が違いすぎるとは言い切れない。
 
おまけにコパノキッキングは休養明けで、陣営は8割5分のデキだと言う。てことはつまり、7割弱のデキだったんじゃないかと推測する。。。前回の大井での交流重賞の時、パドックではチャカチャカ入れ込んでいたけれど、もっとどっしりとした風格があったように記憶していたんだけれど、今回は全体的に細身。一応毛艶は良かったので、体調は良かったのかもしれないけれど…。それに比べると、ヤマニンアンプリメ・ブルドックボス・アシャカダイキ・ヒロシゲゴールドなどは、力強さが上。
 
加えて、賭け事としての考え方でいけば、イギリスからとんぼ返りした4年目の若手が、体調万全で判断力万全でレースに臨めるか?っつーたら、割引して考えるわなw乗る人が武さんでも同じこと。
 
おそらく、あの騎乗でガチャガチャバアバア言っているのは、闇雲にコパノキッキングに突っ込んで負けた人とアンチが殆どと思われる。
 

そんな私が占う、菜七子Jの重賞初制覇はいつか?とは……

コパノキッキングとのコンビなら、おそらく、次の次あたり。勝っても負けてもこれが最後、位の時に思い切って乗れたときかな。8月9月は運が向かないからそれ以降。
 
「次」を占うと最終結果には「棒の6 逆位置」だからね。対策や障害になりうることの場所には「杯4」。たぶん、我々が思う以上に好きに乗れてない状態なんやなと思われます。だもんで、「知らんやん」と菜七子Jが吹っ切れた時がチャンス。プレッシャーを乗り越えろ~!菜七子!

えまのん / 2019年8月14日 / G3, 地方競馬, 競馬日記